賃貸物件では室内設備の修理、交換費用は家主負担

賃貸で住んでいて水回りに異変が

そんなとき、人のいい賃借人ほど、それは自分のせいではないか、自分が直さなきゃいけないんじゃないか、と思ってしまうようです。家主の中にはそうした思い込みに見て見ぬふりする人もいるかもしれません。でも、賃貸物件の水回りの修理修繕は家主がするものです。当然です。家主の財産なのですから。故意に壊したのでない限り、普通に使っていて修理が必要になったものは、家主が修理費用も交換費用も出します。賃借人は何も負担する必要はないんです。

機械も器具も、月日がたてば使えなくなるもの

人が住まない家は傷みやすいって言いますよね。放っておいても家は傷むんです。経年劣化はどんなものにでもあり、賃借人が住んでる間にちょうどそれが起きたってことなんです。自分はそこに居合わせただけーー普通に暮らしていて住まいの何かが壊れたときは、そう思って(実際そうなんですから)堂々と修理、修繕、交換を家主に求めましょう。以前は住宅難の時代でしたから、賃借人は家主に遠慮がちなところがありましたけど、今は空き家の多い時代です。正当な権利でもあるし、遠慮はいらないんです。

水回りの交換費用不要なことが、賃貸のいいところ

水回りは住居設備の中で最も傷みやすいところです。定期的に交換しなければならず、交換費用はかなりなものになります。賃貸のいいところは、そういう心配がないことですね。持ち家だと、必ずかかるそうした負担に備えて積み立てしておくとか、考えなきゃいけませんものね。そういうメリットがあるってことだけでも、賃貸ってなかなかいいものですよ。以前は持ち家志向の人がほとんどでしたけど、最近は賃貸派も増えています。賃貸にはこういうのも含めていろんなメリットがあるんです。

札幌市中央区は、企業の本社や支社が多くあり、官公庁などもたくさんあります。また、住宅地も多いことから、札幌市中央区の賃貸物件は暮らしやすい物件が多くあります。